アラフィフ興味散漫ライフのゆくすゑ

趣味・好奇心・アイディア・子育て後悔録・何でもあり

今日の速歩と虫

昨夜寝不足だったから

今夜の速歩は30分。

少ないけど早歩き頑張った。

 

夜の道路に

セミが力尽きてか転がっていたり

ひっくり返っていたり

この時期はたくさん目についてしまう。

 

そんなところにいたら踏まれちゃうよ(T . T)

私は横の木とかまだ少しは安全なところに移動させる。

もう消えかかってる命だとはわかってるけど。

ひっくり返ったセミを見ると、

短い期間でいい出会いがあったかな・・・

この夏を満足できたかな・・・

って勝手に切なくなってしまう。

 

子どもが小学生の頃にママ友から

夜7時くらいに公園に行くとセミの羽化が見られると聞いて

よく探しに行ったものです。

穴から出たばかりのセミの幼虫が土の上を

抜け殻の抜けていない状態で木に向かって歩いていて、

初めて見た時にはものすごい衝撃を受けたのを覚えている。

それまで抜け殻しか見たことがなかったから。

生きている抜け殻。

 

子どもたちと一緒に見るため

当時土の穴から出てきて歩いている子を1匹

手で触らないように持ち帰れるほどの枝に登らせて

そっと急いで家に連れて帰り

カーテンに登らせた。

するとノコノコ登っていき

天井にほど近いところで止まり

しばらくして背中が割れてきた。

中から透明な薄いグリーンのセミが反り返って出てくるのを

とても感動しながら子供達と一緒に見たのを思い出す。

もちろん電気もつけず真っ暗な部屋で、

エアコンも止めて窓を開けて風邪を通し、

自然に近い環境を作ってあげることは言うまでもなく。

 

くしゃくしゃな羽も翌朝にはピンと伸びて、

綺麗だったなぁ〜

透き通ったグリーン。

その透明なグリーンの綺麗なセミ

翌朝にはよく見る茶色いセミに変わっていることにも驚いた。

そのセミは、窓を開けた瞬間に飛んで行ってしまったが

枝で羽化したセミはそのまま公園に送り届けたり。

セミの羽化を目の前で見るのは楽しいし感動する。

 

なぜかセミが好き。

私は母だけど、

ゴキブリとクモは苦手だけれど、

カマキリ、セミ、カブトムシ、てんとう虫、バッタ、ダンゴムシくらいは

余裕のよっちゃん

なのに、高2の息子が虫にビビってるのはなぜだ!?情けない。