アラフィフ興味散漫ライフのゆくすゑ

趣味・好奇心・アイディア・子育て後悔録・何でもあり

勝手にコメンテーター(小籔さんポスター:終末ケア人生会議について)

朝、日テレの『スッキリ』を見ることが多いのです。

加藤さん、春菜さんの意見に納得できることが割とあります。

「違うでしょそれはー!」

「違う意見の人もいるんだから断言しないでよ加藤さーん!」

って時ももちろんありますが、

うんうん、いいこと言うねーって

リビングで一方的に、コメンテーターしています。笑

毎朝チェックしているわけではありませんが

コメントしたくなる内容の時には勝手にコメンテーターします。

 

今日は、厚労省吉本興業に委託したという、

終末ケアについての啓発ポスター。

自分で伝えられなくなる前に家族と話し合っておきましょう

という啓発に対して、

患者を傷付ける内容だと抗議があったらしい。

小籔さんが患者に扮しての写真。

『命の危機が迫った時には、

治療方法など本人の希望を伝えることが難しくなります。

できるうちに人生会議を開いて、

どんな治療を希望しているのかなど、

家族や病院と話し合っておきましょう』って、

そういうことが伝えたかったんだと思いますが、

冗談交じりなおふざけにとられて印象が悪かったようです。

 

この人生会議の難しさについて、

死について話し合うということがいかに難しいかということ。

コメンテーターの坂口さんが、

「なるべく子どもから親に話をふってきっかけを作ってみたら」と

いうようなことをおっしゃると、

加藤さんが、

「これは子どもからは言いづらい、

親の方から俺はこうしたいと言ってくれるのが理想的」

というようなことをおっしゃって。

私もそう思う、親から子へ伝えるのが理想だと思います。

でも切り出せない親もたくさんいるみたいです。

死について子から話を切り出すのはなかなか難しいと

問題は残りました。

 

 

私が思うに、

死は高齢者から順にやってくると思っているから

言いづらくなるのだと思います。

 

死は年齢に関係なくやってくるもの。

私は準備してますよ、と伝えればいい、と思います。

 

数年前に、住野よるさんの『君の膵臓を食べたい』が流行りました。

あの時に『君の膵臓を食べたい』を読んで、

私の考えは変わりました。

それまでは、

重篤な病になってしまった人をかわいそうだと

失礼ながら憐む気持ちを

どうしても抱いてしまっていたと思います。

でも、

その重篤な病の方よりも自分が長生きするという保証は

どこにもないのだから

かわいそうだと思うこと自体がおかしい、

ということに気付けたんです。

若くたって事故に遭うかもしれない、

若くたって心臓麻痺が起こるかもしれない、

若くたって脳梗塞になるかもしれない、

病の方より先にこの世から別れを告げることになるかもしれないのに、

その病の方を重篤な病にかかるなんてかわいそうだと、

憐む気持ちを持てるのか?

死がいつやってくるかなんて誰にもわからない。

常々自分は年齢に関係なくいつ死がやってくるかは分からないと

思ってはいましたが、

『君の膵臓を食べたい』を読んでからは

病気の誰かを単純にかわいそうだと思うことはなくなりました。

そして高齢者だから死が近いと考えることをやめればいいのだと

思います。

 

 

だから、自分から、

若い自分の方から、

「若くても事故に遭うかもしれないし、

急に心臓が止まることだってあるかもしれない、

その時のために、連絡先を書き出してあるからね」と、

「自分はみんなに苦しんでほしくないから、

脳死になったり、植物人間になったら延命はしないでもらいたい」と、

自分から希望を伝えれば、

高齢の両親も同じように希望を返してくれるのではないか、

若い方から自分の死を語れば、

人生会議はうまくいくのではないでしょうか。

 

 

これは↑まさにうちのことで。

じつは私は、私が万が一他界した時のために、

家族が途方に暮れないように、

誰に連絡をしてほしいか、グループの代表者の名前と電話番号、

所属先を手帳にすべて書き出しています。

自分が何の会員になっているかなども

解約、退会してもらった方がいいものなども書き出しています。

とにかく私しか知らないことだらけ、

それを書いておくようにしているのです。

 

ただでさえ葬儀となったら大変なのだから、

事務的に連絡先だけでもまとまってたらありがたいだろうと

思うから書いています。

私は認知症になりそうな気がするから、

ボケたら延命などしてくれるなと、

何もわからなくなったら安楽死にでもしてほしいと、

日本は安楽死は認められていないから難しいけれど、

海外に連れて行ってやっちゃってほしいと、

頼んでいます。

自分がボケていると少しは理解できていたら

自分でどうにかするんだけど。

 

臓器提供もOK。免許証と保険証に記載しました。

こんな初老の臓器で役に立つなら使ってやってください。

何でも持って行ってください。

でも脳死の場合、万が一痛みがあると嫌だから麻酔だけは打ってから切ってねと。

今年看護師として就職した長女には詳しく希望を伝えています。

 

こういう切り口で、

若い自分の方からしてみたらいかがでしょうか?