アラフィフ興味散漫ライフのゆくすゑ

趣味・好奇心・アイディア・子育て後悔録・何でもあり

まもなく都知事選

(先日の記事をリライトしたものです。

 星をくださった方ありがとうございましたm(_ _)m)

 

普段は楽しいことを見つけて暮らしています。

元気が足りない時にはDimashの声を聴いたら復活します。

毎日楽しいのが一番です。

ですが、アラフォーになった頃に

日本にきちんと向き合わなければならない、と

気付いちゃったんです(遅っ!)

 

選挙が大事だという話です。

選挙を適当にしてはいけないと思っているんです。

イメージだけで選んでは絶対ダメ、という意味です。

「有名だから」

「よくテレビで見るから」

「何かに対して孤軍奮闘、頑張っているように見えるから」

で選んだら絶対ダメなんです。

若い頃、私はまさにこれ↑でした。お恥ずかしい💦

 

 

ネットがない頃は調べるのもなかなか難しかったと思いますが

今の世の中いくらでも情報を得ることができます。

私もまだまだ知らないことばかりなのですが、

若い頃の自分と比較したらきちんと調べてから投票するようになりました。

本当はどんな人なのか、ということは分かりづらいことです。

だからどれだけ調べたとしても

この人なら間違いないと断言できるほど

正しい情報を収集できているとは言い切れない

ことも承知しています。

でもせめて各々がイメージで選ばないで情報収集した上で選ぼう

と言いたいのです。

 

 

都知事選が近づいています。

東京の話になってしまいますが

6月18日告示されて候補者が揃いました。

候補者の情報収集をしたかったのに、

今月急に娘が勤務先の病院の近くに引っ越すことが決まり

荷作り系掃除系は手伝ってやっていたこともあり

一人に絞れるほど実はまだ調べられていません。。。

しかし娘の荷物が多すぎ( ̄▽ ̄;)

今の時代減らしていかないと!

2泊してようやく引越しが完了したので

やーっと候補者のこと調べられます。

あと5日しかない💦

でもしっかり22人の中から選ぼうと思っています。

小池百合子氏の続投を選ぶなら、

有名だしリーダーシップがあるように見えるから

とイメージで決めるのではなく

今まで何十年政界でどういう動きをしてきた人かを分かって

選ぶべきです。

今、『女帝小池百合子』という本が話題にのぼっているので

これは読まないと、というわけでKindleで購入。途中です。

ホリエモンは出てきませんでしたね。

ホリエモン新党からさいとう健一郎氏という方が出馬するとは。

ホリエモンも『東京改造計画』という本を出しているみたいなので

まずは読んでみてから。

維新推薦の元熊本県副知事の小野泰輔氏も

たくさん動画出てますね。興味があるので検索検索。

山本太郎氏も出てきましたが、一応最近の活動と発言をチェック。

幸福実現党がいまいちまだ謎なので調べないと。

宇都宮健児氏や立花孝志氏や桜井誠氏のように度々出馬していらっしゃる方も、

テレビではあまり取り上げられないので

自分で調べないと知ることはできません。

テレビでは扱われていませんがネットではたくさん扱われていますので

どんな考えでどんな活動をしているかは知ることができます。

検索検索。

7月5日までにしっかり調べようと思います。

そしてその先には安倍首相後の総裁選を睨んだ動きも活発に

なってきていますので都知事選は責任重大でしょう。

 

みんながどんな思想の持ち主なのか、

そして誰が日本のために動いてくれる人かを見つけなければ。

誰に都知事を任せるのか。

誰でも一緒、では決してありません。

候補者だけを見るのではなく

候補者を、誰がどういう人たちが応援しているのか支持母体を調べたり、

近くにいる人が立候補者をどう評しているか動画を探したり。

 

また法案の数々、

ニュースで目につく耳につくものくらいは調べてみる。

今はご親切な解説動画がたくさんあります。

例えばですが

見送りになった種苗法改正案ひとつとっても

賛成派と反対派はどちらも日本のためと言っているのに

賛否が分かれています。

賛否が分かれてどっちが正しいの!?だらけです。

「登録品種」と「一般品種」の違いや

「固定種」と「F1種」の違いなど

色々知らなければ判断できないと思いました。

わかりやすい説明がたくさんあります、

たくさん動画で解説が聴けますので両方聴いた方がいいです。

 

安保法案

水道法改正案

検察庁法改正案などなど

よく耳に入ってくると思います。

素人には法案を調べてみても印象だけで良いか悪いかなど

判断できません、というかしてはいけません。

立場によって賛成か反対かが違ってくるので、

各法案の賛否の主張を比較してみるのがいいですね。

法案に対して賛成派反対派は

立場に焦点をあてて見れば

賛否が自然とハッキリするでしょう。

 

私もまだまだ知らないことだらけです。

無知はただの無知で済めばいいのですが

無知であることが罪になってしまうこともあるのです。

そう思ってからはアラフォーあたりから

たくさん知りたいという思いだけは持ち続けています。

 

ということで選挙はイメージで選んではいけません。

かつて「一匹狼で戦ってえらい」とか「雰囲気がいい」とか

「いいこと言ってる」という薄っぺらい理由で、

表面的なことで選んでしまったことがあったので、、、

もし昔の私のような方がいらっしゃれば是非

私の後悔を知って参考にしていただければと思います。

選挙も、自分が納得した候補者を選んだなら

結果も楽しみになるし

楽しいイベントにしちゃうのです╰(*´︶`*)╯